映像作家 / コラージュ作家
五反田和樹(Kazuki Gotanda)

1981年 広島県北広島町(旧千代田町)生まれ
2002年 大阪学院大学外国語学部ドイツ語学科卒業
2002-2009年 広島で広告代理店や印刷会社などを転々とする
2009年 フリーランス(filmout)として独立
2018年 東京移転
2019年 アーティストマネージメントプロダクション SIGNO所属
※2019年6月以降、filmoutは屋号で正式名称は本名に変更

広告代理店でディレクターを務めながら映画作家を目指し、
映像制作をメインとしてグラフィックデザイン等も手掛けるfilmoutとして独立。
シュルレアリスムの思想を元にコラージュという技法が時間や空間の切り取りを再構築する最適のツールと捉えている。
更にコラージュ作品を土台に実写との融合や新しい表現を模索し、
最終的には映画製作の願望を持って活動している。
映画、音楽、読書、広島カープが好き。

【影響】
Franz Kafka / 澁澤龍彦 / 巖谷國士
Luis Buñuel / Peter Greenaway / Wim Wenders / Werner Herzog / Alain Resnais / Michael Haneke / David Lynch / Pier Paolo Pasolini
Radiohead / Primal Scream / Sonic Youth / Velvet Underground / Daft Punk
水木しげる / つげ義春

【Artist Statement】
私たちが見ているものは常に物事の全てではなく一側面であるため、
現実でも作り話のような不条理な出来事が唐突に起きているように見える事がある。
世の中のほとんどは編集されることで自己や他者との間に誤解やディスコミュニケーションを生んだりする。
私が育った場所ではその人口密度の低さや自然の厳しさから、
思わず笑ってしまうような、また極度の不安を覚えるような不条理で不思議な光景が際立って見えた。
後にそれがシュルレアリスムの考え方の一つであることを知る。
平面作品で展開する場合はそんな脈絡のない断片性にコラージュをメインとした技法が最適と考え、
画面全体から不穏な空気を想起させ、切り貼りの粗さ、触覚的な生々しさにより、
動的な流れが生まれるよう配慮している。
映像作品では映像の特性上、時間的な概念が伴っているため、
見た目のコラージュに囚われず物語の断片化や創造性を追求している。
また平面、映像に限らずどちらも編集によって狭まる認識や理解の外側を意識しながら制作を続けている。

【業務内容】
ディレクション(企画・構成・絵コンテ)
ポストプロダクション(実写編集・モーショングラフィックス・アニメーション・カラーグレーディング)
コラージュ制作(アナログ・デジタル)

【制作環境】
OS : Windows 10
Adobe After Effects
Adobe Photoshop
Adobe PremierePro
Adobe Illustrator
DaVinci Resolve
アナログコラージュ
iPad Pro(第四世代)



【CV】
/2012
個展「ひとでなしの夜明け」@ヲルガン座廃墟ギャラリー(広島)
/2013
ポストカードアート展「scopophilia」@4bid gallery(レスター・イギリス)
/2014
個展「Scene Screen Script」@NSA(広島)
/2015
個展「総天然色」@本と自由(広島)
/2016
個展「WARP」@HOPKEN(本町・大阪)
グループ展「Virgin Babylon Art Works Exhibition」@Quiet Noise(池ノ上)
/2017
個展「SHIFUZOU 畑にあるテレビに二階建ての動物が繋がれている」@本と自由(広島)
/2018
グループ展「Summer Group Show 2018」@THE blank GALLERY(原宿)
個展『不時着するキマイラ』@FAITH(高円寺)
/2019
グループ展「接続 UNITES」@Basement GINZA(銀座)
Back to Top